アドセンスで1290万円稼いで海外移住したよ

アフィリエイトの収入と株の配当金、鳩を売った利益で生活してます

健康

お酒を吐く原因と対処する方法!飲むと強くなる?

みなさんはお酒は強いですか?まぐちゃんはコンビニでアルバイトしていたとき、飲み会の帰りにお酒で大失敗してしまいました。帰りに店長とタクシーに乗っているときに、車内で吐いてしまったのです!車内が汚れてしまってその日は営業ができないということで、タクシーの運転手さんには罰金として1万5000円支払いました。相場が決まっているのかはわかりませんが、痛い出費でした。お酒を飲んで吐かないようにするにはどうすればよいのでしょうか?嘔吐してしまうとき、自分の体には一体何が起きているのでしょうか。

お酒を吐く原因とは

なぜお酒を吐くのかというと、ちゃんとした理由があるのです。まず、お酒とは、アルコール(エチルアルコール)が含まれていることをおさえておきましょう。胃または小腸から吸収されて体内に入ったアルコールは、肝臓でアルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒド(acetaldehyde)に分解されます。アセトアルデヒドは有害な有機化合物で二日酔いの原因となります。頭痛や下痢を引き起こすこともあり、血液中に一定濃度以上存在していると吐き気を催します。これがお酒を飲むと吐く原因です。

アセトアルデヒドは肝臓の中でアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって無害な酢酸に分解され、さらに二酸化炭素と水になって体外に排出されます。なお、全てのアルコールが分解されるわけではなく、全体の10%程度はそのまま尿や汗となって体外に排出されます。お酒を飲むと息がお酒臭くなりますよね。これは呼吸するとき、息の中に混ざって外に出るアルコールが全体の数パーセントあるからです。

嘔吐するときの体の反応

嘔吐するタイミングが近づくと、唾液(ツバ)の量が増えたり、気持ち悪くなったりする自律神経反射が起こります。延髄の神経の一つである孤束核が体に対して危険信号を送っているのです。男でも女でも嘔吐する理由はこれです。嘔吐する瞬間、呼吸が止まって自分の意識とは関係なくお腹が押される感じがしませんか?この反応を医学用語ではレッチングといいます

レッチングとは、吸息筋と呼息筋(息をするときに使う筋肉)が同時に収縮し、胃の下についている幽門と呼ばれる部分が閉まり、吐瀉物(としゃぶつ)が口から排出される一連の動きのことをいいます。嘔吐するとき我慢しようとしても我慢できないことが多いですよね。これは、上部食道括約筋が緩まるように嘔吐中枢という神経が体に命令しているためなので、我慢しても勝手に吐いてしまうのです。

気持ち悪さから開放されたいといって、吐く方法を検索する人もたまにいますが、これは賢明ではありません。ツバで胃酸の逆流から食道を保護するなど、体の防御反応ができていないのに、指を喉の奥に突っ込んで吐こうとすると食道に傷がついてしまい、血が出ることもあります。

お酒に強くなる方法

お酒に強くなることはできるのでしょうか。結論からいいますと、毎日のように飲み続けていれば、お酒に強くなることはできます。ただし、これは肝臓にかなり負担をかけることになるので、あまりおすすめできません。大量にアルコールを摂取すると、アルコール脱水素酵素だけでは分解の処理が追いつきません。そこで肝臓ではミクロゾームエタノール酸酵素(MEOS)という酵素を活性化させて、緊急事態に対処するのです。

自分の体が受け付けることができる許容量を超えたお酒の量も、ミクロゾームエタノール酸酵素の活性化によって分解できるのです。この酵素は飲めば飲むほど活性化させることができますが、毎日のようにお酒を飲む必要がありますし、肝硬変や肝臓がんになってしまうリスクが高まります。吐くと強くなるとよく言われますが、実際のところは吐くと強くなるのではなく、毎日のように泥酔しているとミクロゾームエタノール酸酵素の分泌量が増えて体が慣れるというわけです。

 

急性アルコール中毒

ただし、お酒に弱い人が潰れるまで飲酒してしまうと、急性アルコール中毒の危険があります。対処しないで昏睡状態に陥って後遺症が残ったり死亡してしまった場合は、その場にいた人が刑事罰に問われることがあります。急性アルコール中毒の初期症状は、頭痛や吐き気です。しかし、この段階で気づく人は少ないです。さらに症状が進んで、震え、歩行困難、呼吸回数の減少などがあらわれたら、すぐに救急車を呼びましょう

 

意識がなくなったり、痙攣を起こしていたら、無理に水を飲ませたりせずに、救急車の到着を待つしかありません。対処する方法は、上記の症状が見られたら飲酒をすぐにやめて水を飲ませて体を横に寝かせるしかありません。救急車を要請した場合は、病院で処置や治療が行われます。自分一人で飲んでいて寒気がしたら危険な状態です。急性アルコール中毒になってしまうお酒の量は個人で異なりますので、自分がお酒に強いのかどうかは日頃から意識しておきましょう。

お酒に弱い人の対応

お酒の種類を自分で選べば吐かなくなります。ノンアルコールビールやワインを飲めばよいのです。しかもカロリーゼロや糖質ゼロの種類を飲んでいれば太ることもありません。特にビールは太らないものがたくさんあり、コンビニでも手軽に購入できますのでチェックしてみて下さい。セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどどこでも置いてあります。

ビール缶(500ml)や日本酒(小さい瓶)はアルコール度数が5%から15%で、アルコール量が20gと分解するのに時間がかかります。ウイスキーや焼酎はもっとアルコール度数が高く、25%から40%もありますので、お酒が苦手な方はなるべく避けましょう。それに比べてワインや缶チューハイはアルコール度数が5%から12%程度で、純アルコール量が13グラムと少ないので、お酒が弱い人は居酒屋で注文するときにはカシスオレンジなどを注文するとよいでしょう。

 

ビール缶(500ml)を飲んだときアルコールを分解できる時間は3時間です。2缶なら6時間かかります。大ジョッキで朝まで何杯も飲んで、ちょっと休憩してから車で家まで帰るとなると、途中で検問をしていたら間違いなく飲酒運転で違反切符を切られてしまいますので注意しましょう。ちなみに、ギリギリ飲酒運転にならないビールの量というのがあって、それはコップ1杯までです

お酒を吐いたときの対処として正しいのは、水(ミネラルウォーター)を大量に飲むか、グレープフルーツジュースを飲むことです。お酒を分解するときに体内で大量の水分を消費するため、水を飲むことが対処になるのです。ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクでもよいです。また、グレープフルーツには果糖が含まれており、エチルアルコールを分解するのに役立ちます。また、クエン酸が胃液の分泌を促進してくれるので、これも効果があります。

 

コンビニの栄養ドリンクコーナーで売っているヘパリーゼは、飲み始める前なら効果絶大です。まず酔い始めるのが遅くなりますし、二日酔いも防止してくれます。まぐちゃんはコンビニでアルバイトをしていたのでわかりますが、深夜帯に一番売れ行きの良い栄養ドリンクは、ウコンとヘパリーゼでした。

お酒を吐いて痩せるというダイエットがありますが、これは危険なのでやめましょう。前述の通り、吐瀉物には胃酸が含まれているので、喉の粘膜を傷つけるばかりか胃炎を誘発してしまうことになります。野菜中心の健康的な食事を3食とり、間食を控えて適度な運動をしていれば自然と痩せます。吐いて痩せるダイエットは体に負担をかけるだけなのです。

ウコンの効果

ウコンの力という栄養ドリンクはどんなコンビニでもよく見かけますよね。ウコン(ターメリック)はカレーの材料にも使われる漢方薬で、二日酔いや吐くのを防止する効果もあるのです。具体的には、シネオールが胆汁と胃液が出るのを促進したり、α-クルクメンがコレステロールを分解するのを手伝います。つまり脂っこいつまみや塩分の濃い酒のアテを効率よく消化するのにも役立つのです。

 

ウコンに含まれているクルクミンという成分は、肝臓の機能を強める作用があって、お酒を飲んだ後の吐き気や不快感、むかつき、胃のもたれまでもを抑えてくれます。しかも、このクルクミンは、胃潰瘍やうつ、がん、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化にまで効果があるのです。ビールを飲む前後だけでなく、健康のために毎日でも飲んでおきたい健康飲料ですよね。ウコンの力はコンビニで手軽に買える漢方薬とも言えるでしょう。

-健康