アドセンスで1290万円稼いで海外移住したよ

アフィリエイトの収入と株の配当金、鳩を売った利益で生活してます

生活

御霊前と御仏前の違いは何?御香典と四十九日法要のマナー

御香典と御霊前と御仏前の違いとは何でしょうか?まぐちゃんはバイト先の常連のおじさんに詳しく教えてもらいましたが、そのときに聞いたのは、「四十九日法要の前は御霊前、その後は御仏前を使うんだよ」という話でした。その話を思い出したので、今回は御香典の金額や書き方など知っておくべきマナーをまとめました!法事やお盆のときに困らないようにしましょう。

御霊前と御仏前の違い

言葉の通りですが、御霊前は亡くなった方の御霊(みたま)の前、御仏前は霊や魂から成仏して仏様になった人の前という意味です。御仏前は御佛前とも書きます。亡くなってから四十九日経過し、魂が成仏しているかどうかが違いです。常識的に、四十九日法要までは御霊前を使い、四十九日法要の後は御仏前と書きます。

ただし、浄土真宗の場合は、亡くなると霊にならず、すぐに往生して仏になるという考え方であることから、御霊前という言葉を使いません。香典袋には、通夜でも告別式でも、御仏前または御佛前と書きます。また、浄土真宗の宗派の方に「ご冥福をお祈りします」と言うことは、本来往生しているはずの魂の冥福を祈るという意味になり、大変な失礼にあたりますので、注意しましょう。

 

不祝儀袋に薄墨で書き入れるのがマナーですが、コンビニで売っている不祝儀袋にはあらかじめ薄墨で書いてあるので、選んで購入しましょう。自分の名前ももちろん薄墨で書きますが、道具が揃わなければ黒の筆ペン、もしくは黒のマジックでもかまいません。コンビニで灰色のマジックや筆ペンがないか確認しましょう。

 

御香典とは

香典はお線香やお花を用意できないかわりとして、通夜や告別式などの葬儀の日に持参するお金のことです。正式な漢字は「香奠」で、香料とも書きます。御霊前や御仏前と書かれた封筒とその中に入っているお札のことを指す言葉です。「御霊前を持参する」「御仏前を持って行く」とは言わず、御香典と言います。

 

昔は葬儀のときに焚くお香は高価なもので、遺族に金銭的な負担がかかることから、助け合いの意味で香典を出していたのです。現在のお香の価格は安くなりましたが、葬儀にかけるお金は一般的に200万円前後とされていることから、遺族には大きな出費がのしかかることにかわりはありません。現在では、予期しない出費に対して補助をするという意味にかわって御香典という習慣が引き継がれています。

冠婚葬祭のとき、香典の書き方は故人の宗教によりますので、わからなければ失礼のないようご遺族の方に聞きましょう。もしくはお寺の宗派をインターネットで検索して調べるという方法もあります。

ちなみに、焼香するときお香を指でつまんで、1回または2回いったん持ち上げる動作をしますが、浄土真宗ではお香をおでこのあたりまで持ち上げる動作をしません。正式な焼香の仕方は、東本願寺派は2回、西本願寺派は1回のみ、うつむいたままでおでこのあたりまで持ち上げてから火をつけるというものです。線香の本数と焼香の回数は、天台宗と真言宗が3回(3本)、浄土宗は特に決まっていませんが1回〜3回が一般的です。

 

帯の色は、一般的には白黒または灰色・白色の結び切りと呼ばれる水引の色となります。色々な種類の袋がありますが、上記の色の帯を選んだほうが無難です。納骨した後はご仏前の不祝儀袋を用います。ご家族または施主、喪主の方に渡すタイミングは、受付のときに聞きましょう。初盆のときの不祝儀袋は「御仏前」を使います。金額は1万円が一般的で、香典返しは3000円が相場です。

お金の入れ方

次は御香典のお金の入れ方についてです。まずお札の表と裏の確認をしましょう。お札は人物が印刷されている面が表です。顔が印刷されていない面が裏面となります。不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)の中袋へのお金の入れ方は、中袋を開ける側からして表向きに入れます。つまり、中袋の表側(住所や氏名を記入する面)からすると裏を向くように入れるのです。お札の向きは、お札の底辺が左側にくるようにしましょう。表袋の折り返しは、上側の水引が印刷されている方を見えるようにして折りたたみます。これが香典袋の正しい包み方です。

御香典(おこうでん)の袋に入れるお札は新札だと「不幸を予期してあらかじめ用意しておきました」という解釈を招きかねないのでよくありません。逆に、汚れが目立つボロボロのお札だと失礼になってしまいます。面倒ではありますが、新札ではない綺麗なお札を用意するか、新札に1回折り目をつけて使用しましょう。新札や綺麗なお札が手元にない場合は、コンビニのATMでお金を入出金するとちょうどいいお札がみつかります。ちなみに、新生銀行だとどこのコンビニでも、金額に関係なく入出金手数料が無料ですのでおすすめです。

 

金額の相場

御霊前や御仏前の袋、つまり御香典に入れる金額の相場はいくらでしょうか。だいたいの目安としては1万円が相場になっていますが、詳しくは以下のようになっています。

※注意ですが、4万円と9万円は避けましょう。4は死ぬこと、9は苦労することを意味するとされます。また、手渡しするときに「重ね重ね」などの忌み言葉を言わないようにしましょう。忌み言葉は意識しすぎるとかえって言ってしまうことがありますので気をつけたいところです。

 

自分の親が亡くなった場合 ・・・ 5万円

祖父母(おじいちゃん、おばあちゃん) ・・・ 3万円

義理のご両親 ・・・ 5万円

兄弟や姉妹 ・・・ 5万円

いとこ ・・・ 2万円

職場の上司、同僚、部下 ・・・ 1万円

職場の関係者の家族 ・・・ 5000円

友人 ・・・ 1万円

知人の親 ・・・ 5000円

中学や高校、大学の先生 ・・・ 5000円

近所の人 ・・・ 5000円 (3000円でもOK)

 

書き方

金額が分かったら、次は御香典の書き方を確認しましょう。不祝儀袋の表書きは、薄墨で会葬者の名前を漢字で記入します。縦書きが原則となります。今時すずりで墨をすって薄墨を作り、筆で書き入れる人はほとんどいません。コンビニで買ってきた灰色のボールペンか筆ペンを使用します。記入する場所は、御霊前又は御仏前と印刷してあって、水引があるちょうど下になります。

 

連名の書き方は、夫婦の場合は夫の名前を中央に書き、左側に妻の名前を書きます。ただし、会葬する人が夫だけの場合は、妻の名前は記入しないことが通例となっています。職場の上司など目上や目下の方と連名にするケースでは、目上の人を右側に、目下の人の名前を左側に書きます。友人同士の場合は順番に決まりはありません。3人以上の連名にする場合は、代表者の人のフルネームを中央に書いて、左側に他一同と書き添えます

金額の書き方は、以下の通りです。香典袋に記入する金額の後には、「也」は付け足さないのが通例です。

 

3000円 ・・・ 金参仟圓

5000円 ・・・ 金伍仟圓

1万円 ・・・ 金壱萬圓

2万円 ・・・ 金弐萬圓

3万円 ・・・ 金参萬圓

5万円 ・・・ 金伍萬圓

 

新盆や七回忌、お彼岸のときなどにお供えを持参するケースは少なくなり、代わりに御供物料(おくもつりょう)として1万円ほどを包むのが通例となりつつあります。御香典のお返しは、1万円未満の場合は不要、1万円以上の人にだけ3000円程度の香典返しを用意するのが一般的です。3000円とか5000円の人にもお返しを用意していると金銭的にも負担が大きくなってしまいますし、種類をいくつも用意すると大変なので、1種類だけで大丈夫です。

 

キリスト教

キリスト教の場合は、御香典とは言わずに弔慰金(ちょういきん)と呼びます。弔慰金を包むための袋は熨斗袋(のしぶくろ)といい、一般的には十字架やユリの花が印刷されています。ユリの花は聖母マリアの象徴であり、純潔を表す花であることから描かれていることが多いです。熨斗袋の表書きは御花料となります。御ミサ料と書くこともありますが、カトリックの場合に限られます。

神式

神道にのとった通夜では通夜祭と呼ばれるものが行われます。式の前に両手と口を清める儀式があり、これを手水(ちょうず)の儀といいます。香典と呼ばれるものはなく、御玉串料(おたまぐしりょう)、御榊科(おさかきりょう)、御神饌料(おしんせんりょう)のいずれかを不祝儀袋に書きます。

 

通夜振る舞いのような豪華な食事は出ませんが、直会(なおらい)といって御饌御酒(みけみき)などの食事を全員で頂くことになります。葬場祭では修祓の儀(しゅばつのぎ)という祝詞(のりと)を奏上する儀式があります。なお、神道の葬儀では柏手はせずに、全てしのび手となります。しのび手は音を出さない拍手のことです。五十日祭をむかえるまでは柏手は禁止となります。

 

四十九日法要

仏教では、人が亡くなってから四十九日を経過すると成仏するとされていて、四十九日法要とは極楽浄土に行けるように供養することをいいます。案内状が届いたらご仏前の香典袋を用意して、相場である1万円を包んでおきましょう。血縁関係がなければ5000円でも大丈夫です。四十九日法要のときの服装は、通夜のときと同じで喪服となります。

持参するお供え物としては法要のときに一般的なお茶、お線香、和菓子、果物、切り花のいずれかがよいです。サプライズを演出する必要はありませんので、このリストの中から無難なものを選んで持って行きましょう。浄土真宗の四十九日法要のときの不祝儀袋は、御仏前と書かれているものを準備しましょう。

-生活