アドセンスで1290万円稼いで海外移住したよ

アフィリエイトの収入と株の配当金、鳩を売った利益で生活してます

生活

イヤホンが片方しか聞こえないときの直し方!iPhoneを修理する?

2016/09/12

アパートやマンションに住んでいる場合、スピーカーで音楽を聴いていると、うるさいということで近隣の住民から騒音についてのクレームがくる可能性があります。一軒家に住んでいても、隣の家から苦情を言われることもあるので、音楽や動画はPCやiPhoneに繋げて聴いているという人も多いですよね。最近のイヤホンは音質も良くなって大変便利ですが、たまに断線して聞こえづらくなったり、雑音が入ったり、片方が聞こえなくなったりします。そこで、今回はイヤホンが片方だけ聞こえないときの直し方をご紹介します!


ipodのイヤホンが片方だけ聞こえない

まずは、現在使用中のイヤホンをiphoneなどのスマホやPCに繋いできちんと聞こえるかチェックしましょう。これで正常に聞こえている場合は、iPodの故障である可能性があります。iPodはオーディオバランス(音量のバランス)の調整ができないので、修理に出すことになります。自力で修理は不可能ですので、アップルストアに連絡をとりましょう。

また、iPodのイヤホンが片側だけ聞こえない場合は、金属端子が汚れていたり、酸化物が付着していることがあります。接触不良で電気が通っていないというわけです。このケースの直し方は、ダイソーの100均で買える接点復活剤を綿棒に吹き付けて、ジャックの穴に抜き差しするというものです。接点復活剤は酸化膜を取り除く効果があります。もちろん忘れずにイヤホン側の端子(プラグ)にも吹き付けた後にテッシュなどで拭いて綺麗にしましょう。

パソコンにつないでいるイヤホンが片方聞こえないというときは、まずは再起動してみてください。原因は分からないけど、これで直るケースが半分ぐらいです。次に、音量バランスの設定を確認しましょう。スピーカーのプロパティからバランスという画面を開いて、右と左のつまみを動かして調節します。OSによってはサウンドという画面になります。以上の直し方を試してもよくならないときは、故障の可能性があります。

 

PCの保障で無料にて修理ができる場合があります。保証書に購入したお店のスタンプや記載があるかどうか確認したうえで、販売メーカーまたは製造元に電話しましょう。PCの保障はほとんどの場合で2年以内となっていますので、期限が過ぎていないか確認して下さい。もし期限がきれていても、メーカー側に責任があることが判明すると、修理に出したときに無償で直せる場合があります。また、購入者の責任である場合は、有料で部品を交換するか、それとも送り返してもらうか聞かれます。

iPhoneの場合

スマホの人気機種であるiphone5では、オーディオバランスの調整ができます。歯車のアイコンの設定をタップして、一般、アクセシビリティと進みます。次にチャンネルバランスを中央に直しましょう。これで元に戻らなかったら、再起動してみて下さい。これがiPhoneでの直し方ですが、これで直らない場合は、故障または断線の可能性があります。断線の場合は新しいイヤホンを購入しましょう。おすすめの商品を以下に記載しましたので、是非ご覧下さい。

ウォークマンの場合

まずは、イヤホンのプラグが奥までしっかり差し込まれているか確認しましょう。半分だけ入っていると、片側しか聞こえません。次に、ウォークマンがモノラル出力になっていないかチェックしましょう。モノラル出力の端子にステレオ用のイヤホンを接続しても片側からしか音は出ません。なお、ウォークマン専用イヤホンをスマートフォンで使うと、右か左か一方しか聞こえませんので注意しましょう。

 

片方だけ音量が小さい

片方だけ音が小さい場合は、パソコンの音量設定が間違っていることがあります。左右のボリュームの調整で、右側だけミュートになっているということもあります。この場合は、ミュートの設定を解除すれば問題ありません。また、軽い断線の場合はイヤホン本体に近い部分のコードを曲げてみると、直すことができるケースがあります。ただし、この直し方だとすぐにまた断線してしまったり、改善しないことがあります。直らない場合は、聞こえづらい方のPCの音量設定を上げて、ちゃんと聴こえる方の音量を下げてみましょう。一時的な対処法ですが、寿命がきたイヤホンも長く使えます。

イヤホンの寿命

イヤホンはスピーカーと比較してコードを動かして故障したり、本体部分を水に濡らしてしまったり結露してしまって故障する可能性が高いです。特にコードは金属でできていますので、ねじまげたり動かしたりすると金属疲労によって断線してしまいます。ですので、イヤホンの寿命は大事に使って2〜3年、毎日使う人は半年から1年程度となります。まぐちゃんはお気に入りのイヤホンをパソコンにさしっぱなしで毎日YouTubeなどの動画を見ていますので、ほぼ6か月で断線してしまい、そのたびに買い替えています。これは仕方のないことです。特に通勤や通学、ランニングでipodやiphone、スマホなどで使っている人は消耗品と考えましょう。

 

イヤホンを修理に出そうという人はちょっと待って下さい。初期不良の場合はメーカーに出せば無償ですが、使用後の場合はほぼ全てのケースで、購入した値段より高い修理代を請求されます。また、自分で断線を修理したい場合は検索してもらうとわかりますが、修理に必要なはんだごてとヤニ入りはんだを買うと、2000円から3000円はします。また自分で修理するとコードがむき出しになって気持ちよく使えない製品になってしまったり、部品を元に戻せないケースがほとんどです。つまり、イヤホンを修理しなくてはならない場合は、新しい製品を買いなおした方がいいということです。そこで、以下に安くて丈夫で、音質も良いというコストパフォーマンスが最高なおすすめのイヤホンをランキングにしてみました。

 

イヤホンのおすすめランキング

1位 ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB

3142円、配送料無料です。いろいろなおすすめランキングで1位に君臨するのがこの製品。iPhoneやiPodに付属してくるイヤホンから乗り換えると、低音が充実していて驚くと思います。カナル式イヤホンが得意な重低音ですが、この製品は特に周波数の低い低音まで再現しています。音源がMP3でも全周波数でこもらずにクリアな音が出ます。

2位 JVC HA-FXH30 高遮音性カナル型イヤホン ダイレクトトップマウント構造採用

5045円と少し高めの価格帯ですが、配送料は無料です。中音と高音に強いという特徴があり、低音が出過ぎないのでバランスのとれたイヤホンです。良く言えば引き締まった音で、悪く言うと高音がシャリシャリしているという感じです。ちなみに、50時間から100時間程度エージングすると低音もある程度出るようになります。重低音のサウンドを楽しみたい方は、下記のまぐちゃんおすすめの商品を試してみてください。

3位 多摩電子工業 inG SOUNDLABO 携帯電話用インナーステレオヘッドホン メタル BK FOMA S3112

定価は2674円ですが、Amazonで購入すれば86%割引で385円という激安イヤホンです。他のコストパフォーマンスが良いといわれているイヤホンは3000円から5000円はするのに、約10分の1の価格ですよ。ノイズキャンセリングの機能はありませんが、遮音性に優れていて、電車や車の中でも雑音が入りません。まぐちゃんの愛用品なのですが、MP3音源でも低音の迫力があり、高音の伸びもあって、まるでヘッドホンをしているような感覚になれます。クセがあるという評価もありますが、このイヤホンでいつもの音楽を聴くとサウンドに感動してしまいますよ。

 

-生活