アドセンスで1290万円稼いで海外移住したよ

アフィリエイトの収入と株の配当金、鳩を売った利益で生活してます

健康

重曹歯磨きの効果がすごい!ヤニが消えてホワイトニングできる

2016/09/12

重曹歯磨きの効果はそんなに凄いのか

そもそも重曹とは、炭酸水素ナトリウム(sodium hydrogen carbonate)のことです。重炭酸曹達ともいい、省略して「重曹」といいます。炭酸水素ナトリウムの使い道は多岐にわたり、消化剤、食品添加物、炭酸水のもと、洗剤、入浴剤、医薬品、農薬などに使用されています。さて、そんな重曹ですが、最近は歯磨きするときの粉として効果が凄いとネットやテレビで、話題になっているのをご存知でしょうか。

 

なんと、初期の虫歯を治して、黄ばみも白くして、ホワイトニングもできるというのです!試しにまぐちゃんも薬局で買ってきた重曹を歯磨きに使って効果を確かめてみましたので、ぜひ記事をご覧ください。

ちなみに、重曹は歯周病の予防にも効果があって、歯周ポケットの中に潜り込んだプラークを死滅させ、殺菌することができます。歯石に付着したプラークにももちろん効果があります。食べ物を食べるとお口の中は酸性になり、歯周病が発生しやすい環境になってしまいますが、弱アルカリ性の重曹によってもとの中性に戻してくれるので、歯周病を予防できるのです。

 

炭酸水素ナトリウムは、国内で生産されたものは天日塩から製造され、海外で生産されたものはトロナ鉱石という炭酸塩鉱物から製造されます。重曹の種類は、3種類あります。掃除用はきめが粗いので研磨剤代わりとして掃除に用いられます。調理用はベーキングパウダー(パンなどの膨張剤)として用いられます。医薬品用は純度が非常に高く、胸やけを治療する薬として販売されています。値段は、50グラムで約150円とかなり安いです

本当にヤニが消えてホワイトニングできる?

お茶に含まれる茶渋(タンニン)やタバコのタールは、歯に付着するとステインというなかなかとれない汚れになります。このヤニは歯医者さんに行けば治療費が2000円もかからずにとってくれますが、自分でホワイトニングすることが可能なのです。やり方は簡単で、下記の通りに毎日ブラッシングするだけで、ヤニが薄くなって見違えるほど白くなります。まぐちゃんはもともと唾液の分泌量が多いうえ、お茶を毎日飲んでいるので、歯が黄色なのですが、2週間もすると明らかにホワイトニングの効果が出てきました

 

しかも奥歯の横に黒ずんでいる部分、明らかに初期の虫歯があったのですが、1か月も続けると黒ずみの部分が小さくなって、ほとんど見えなくなってしまいました!重曹は虫歯を治すという噂は本当でした。歯医者に行かずに歯周病を予防して、虫歯も自分で治療できてしまうなんて凄い効果です。

重曹の歯磨きは危険なの?

さて、凄い効果があることが分かると、今度はデメリットや危険性などが気になってきました。重曹の歯磨きは危険なのではないかという情報もありましたので、上野にある行きつけの歯医者の歯科医師の方に直接聞いてきました。その歯医者さんによると、以下のことを守っていれば、危険ではないとのことです。

 

まず、強く磨きすぎないことです。重曹は普通の歯磨き粉と比較して強い研磨作用があるため、強くブラッシングしてしまうとエナメル質を傷つけてしまう可能性があるそうです。(少々傷ついた程度なら歯の再石灰化によって修復されます。)次に、飲み込んでしまわないこと。重炭酸曹達の成分は塩なので、歯ブラシをしているときに大量に飲み込んでしまうと塩分過多になってしまい、腎臓に負担をかけてしまう可能性があるとのことです。この2点に注意すれば大丈夫ですね。

重曹歯磨きのデメリットとは

デメリットは歯磨きをやりすぎたときだけに発生します。それは何かというと、ブラッシングしすぎてエナメル質が削れてしまうことと、タンパク質の分解作用で歯茎を傷めてしまうことがあることです。しかし、強調してもこの程度のデメリットしかないのは凄いことです。ここでふと思うのが、なんで歯医者さんで重曹入り歯磨きをやっていないのかということです。歯を削らずに治療できてしまうのですから、こんなに良いことはないですよね?この疑問をお医者さんにぶつけてみました!すると、「確立された治療法ではないし、根治できるか分からない方法を推奨するわけにはいかないから。」という回答でした。なるほど・・・。

市販の重曹入り歯磨き粉でも黄ばみがとれて白くなる?

歯磨撫子という会社が発売している重曹つるつるハミガキという市販の重曹入り歯磨き粉は効果が抜群で、茶渋やコーヒーの色素がきれいさっぱりとれます。ペパーミント精油の天然成分が入っているので、すっきり爽やかな磨き心地です。茶渋は歯に付着すると黄ばみになりますが、これが白くなるんです。歯医者のようにホワイトニングするわけではないので、歯のエナメル質の奥深くに沈着した黄ばみは白くなりませんが、表面の黄ばみは削り取ることができます。

市販の製品なら歯磨撫子の重曹つるつるハミガキがおすすめです。Amazonのカスタマーレビューでも高評価となっています。

重曹歯磨き粉の作り方とやり方

最初に書いてしまいますが、別に重曹歯磨き粉なんて作らなくても、歯ブラシの先にちょんと乗っけてそのままブラッシングしても効果は変わりません。が、一応重曹歯磨き粉の作り方を記載します。用意するものは、重曹20グラム、植物性グリセリン13グラム、ハッカ油(ペパーミントオイル)数滴です。これらをよく混ぜ合わせるだけで完成です。

 

やり方は超簡単で、いつも歯ブラシの上に乗せる市販の歯磨き粉の代わりにこの重曹歯磨き粉を乗せるだけです。そしてブラッシングしましょう。注意点は、軽く細かく歯ブラシを動かすことです。口の中にこの手作り歯磨き粉を含ませて10分おくという情報もありますが、歯医者さんはあまり意味がないと言っていました。味は非常にしょっぱいので、この10分の間が苦痛になって続かなくなったら意味がないので、気をつけましょう。

 

重曹うがいは虫歯と口臭を予防できる

重曹歯磨きと同じくらい強力に効果があるのが、重曹うがいです。なんと手軽に虫歯や口臭も予防することができます。

このうがいの方法なら膿栓(のうせん)をとることもできるのです。膿栓は臭い玉とも言います。臭い玉はのどの奥にある扁桃腺の穴に、白血球、細菌、食べ物の残りかすなどが集まってできたかたまりです。膿栓は口臭の原因になっていることがあります。いくら歯を磨いても、口の中を綺麗にしても、リステリンでうがいをしても治らない口臭はこの臭い玉が原因かもしれませんよ。

重曹うがいの作り方とやり方

重曹うがいの方法は簡単です。作り方は、500ミリリットルのペットボトルに水を入れて、計量スプーンの小さじに重曹をとり、ペットボトルに入れます。これをよく振ってかきまぜて完成です。やり方は、歯磨きの前に口に含んで1分ほど口の全体に行き渡らせるようにゆすぎます。そして歯磨きをした後に、再度重曹うがいを同じように30秒ほどします。

 

作り置きもできて、冷蔵庫に入れて保存すれば、だいたい1か月間は持ちます。これは、重曹に防腐作用があるためです。ミネラルウォーターよりも長期間の保存が可能です。歯科医院で行う過酸化水素を用いるようなホワイトニング効果はありませんが、歯の表面についたタンパク質の汚れをとる作用があります。重曹うがいは知覚過敏に効果がありますが、重曹歯磨きほどではありません。

タンパク質を溶かす作用があると聞くと、銀歯を溶かしたりしないのか不安になるかもしれませんが、ご心配なく!

重曹は金属を溶かすことはありませんので、銀歯や金歯があっても問題なく使用できます。

 

重曹うがいはのどに危険!?デメリットはあるのか

上記の水の量と溶かす重曹の量の比率は毎回きちんと確認しましょう。そうしないと、間違って濃すぎる重曹水でうがいをしたときに、歯茎やのどの粘膜を傷つけてしまうことがあります。危険ではありませんが、気をつけるべきポイントです。デメリットとしては、重曹うがいをしすぎると、口内がアルカリ性になり、歯石ができやすくなってしまうことです。このデメリットを回避するためには、うがいは1日3回までとしましょう。

 

-健康